イギリスの航空会社が登用試験に使う「マシュマロ・チャレンジ」ってなに?チーム力を高めるレクリエーション&アクティビティ6選

チームアクティビティチームワークを高めるアクティビティとして知られる「マシュマロ・チャレンジ」は、イギリスの航空会社でCAの登用試験に使用されています。

この記事ではマシュマロ・チャレンジがどういったものなのかを説明するとともに、その他のレクリエーションやアクティビティをチームビルディングに活用する方法を紹介します。 “イギリスの航空会社が登用試験に使う「マシュマロ・チャレンジ」ってなに?チーム力を高めるレクリエーション&アクティビティ6選” の続きを読む

社外コンテンツを活用して社員合宿にオリジナリティを 無理なく独自の合宿を実施する方法

社員合宿

春から夏にかけて、新入社員や2年目の若手メンバー、新リーダーといった各階層の社員を集めて合宿を実施する会社は少なくありません。一方で小さな組織にとっては、合宿の企画・運営がメンバーの負担になる場合もあります。

これから合宿を実施しようとしているチーム・企業に向け、限られた人員で無理なく独自の合宿を運営する方法についての情報をお届けします。 “社外コンテンツを活用して社員合宿にオリジナリティを 無理なく独自の合宿を実施する方法” の続きを読む

出社するのが楽しみになるレクの時間 在宅・リモート・出勤自粛時代のチームアクティビティ

チームアクティビティ

新型コロナウィルスの感染拡大防止や、東京オリンピックの交通混雑回避に社会の関心が高まるなかで、ビジネスパーソンが会社・オフィスで過ごす時間は日々少なくなっています。

出勤しない・職場の仲間と集まれない状況が増えていくなかだからこそ、顔を合わせる時間を大切にすべきです。この記事では仲間と顔を合わせる時間をより有意義なものにするために、企業・チームで実施できるレクを提案します。 “出社するのが楽しみになるレクの時間 在宅・リモート・出勤自粛時代のチームアクティビティ” の続きを読む

脱・短くて、わかりやすい主義

脱・短くて、わかりやすい主義

アクティ場という主催しているイベントを終えた後に感想を頂くのだが、時々びっくりするくらい長文で頂くことがある。

そのままnoteにアップしたら?と思うほどで、もはや感想作品のようにありがたく頂戴するわけだけど、本人からは「つい長く書いてしまう癖が、、、」と添えられており、もっと簡潔に送りたいのですが・・・ということまで書かれていたり。 “脱・短くて、わかりやすい主義” の続きを読む

「役に立つ」かどうか?を忘れることに「意味がある」

役に立つ 意味

「読書しない読書会」という企画を主催している中で、たまに思いもよらない感謝をされることがある。

その中で今でも記憶に残っているのが、「紙の本の未来が見えました。参加してよかったです。」と言われたことだ。

「読書会」とタイトルつけているので、基本的には本に何かしらの興味がある人、またはこうした文化的な活動に興味がある人が参加してくれるているはず。

“「役に立つ」かどうか?を忘れることに「意味がある」” の続きを読む

新しいアイデアのためにプロットが集まる環境を整える

アイデア プロット

先日、短編ミステリーを読んでいると、次のようなあとがきが書いてあった。

好きな本を1つ選び、プロットをパラグラフ1つにまとめる。核心だけを捉えるように。次に全くちがう本で同じことをする。それから二つを結びつけて新しい物語をるくるのだ。
出典:休日はコーヒーショップで謎解きを 著者:ロバート・ロプレスティ

これを読んで、新しいアイデア・企画(アウトプット)のためには、実はこうしたインプットの仕方が大事なんだなと思った。一方で、作品の核心をプロットすることを試してみたが、これが中々に難しくて、プロットをつないでもお話にならなかったりする。 “新しいアイデアのためにプロットが集まる環境を整える” の続きを読む

合宿スルーにならないために 社内合宿コンテンツを見直す重要性

社内合宿コンテンツ

先日、ある経営者から、「会社でこういった目的で合宿をやるんだけど、何か良いコンテンツを提供してもらえないかな?」と相談を頂く。

実はこのように合宿で何かやってもらえないかな?という相談は、今回に始まったことではなく、これまでもチラホラと相談を頂いていた。(これには去年の秋から「企業向けレクリエーション」を提供をしていることをお伝えしていたので、その上での相談ではあったと多分に考えられるが。) “合宿スルーにならないために 社内合宿コンテンツを見直す重要性” の続きを読む